茅ヶ崎市斎場を使用するデメリット

茅ヶ崎市斎場を使用するデメリット

茅ヶ崎市斎場は、低価格で祭壇もある立派な式場です。
火葬場も併設されているので移動にも手間がかかりませんから、その便利さから利用者が多く人気が上昇中です。
葬儀も様々な事情からコンパクト化し、低価格化したプランの需要が高くなっていますから、これからも茅ヶ崎市斎場で行うコストパフォーマンスのいい葬儀は増えていくでしょう。

遺族にとっては負担が少なくて経済的にも優しい茅ヶ崎市斎場ですが、デメリットが全く無いわけではありません。
まずその人気の高まりぶりが原因で、茅ヶ崎市斎場で捌き切ることができないくらい依頼が集まってしまい、
その結果順番待ちになってしまっていることです。
市内に複数の斎場がある大都市圏の場合、距離が遠くなっても他の場所を選べばいいのすが、
茅ヶ崎の場合、公営の斎場は1つか無く、非常に混雑しています。

また、茅ヶ崎市斎場そのものがアクセス面で不便な場所にありますので、行くまでが少し面倒だというデメリットもあります。
市民の生活をサポートするための公営施設なのに、利用希望者が増えすぎることでトラブルが生まれるのは皮肉なことです。

ご注意いただきたい点は、利用するには条件がありますのでお気を付けください。
条件は、故人が茅ヶ崎市の居住者であることです。
それ以外には特に複雑な条件があるわけではありませんからご安心ください。
自治体が運営しているのですから、自治体内の住民の利用優先はあたりまえですね。。