任意売却なら自己破産を回避可能

任意売却なら自己破産を回避可能

任意売却をする場合は、多くの方が自己破産とどちらを選択しようか悩むものです。

住宅ローンは大きな金額になりますので、返済が難しく自己破産という手段を考える事が一般的かもしれません。

しかし、自己破産は影響がかなり大きいです。

クレジットカードを作る事ができなくなることもあります。

また一定期間のみですが、職業についても制約を受ける事があります。

そのような自己破産にしっかりと対処できるのが任意売却です。

任意売却でしたら自己破産を回避することが可能です。

任意売却とは事情価格に近い形で、不動産を売却することです。

ですので、任意売却を行うと、売却金額でローンを返済することができます。

全額返済できる場合もありますので、まさに自己破産をしないで済むこともあるというわけです。

自己破産をする前に任意売却を検討しましょう。

任意売却という選択肢

離婚するときに夫と共有名義のマンションをどうしようかと問題になりました。共有名義かつ住宅ローンの支払いも連帯債務者になっていました。

妻であるわたしがマンションを出て行くことになったので、連帯債務から外れたいと希望していました。

しかし金融機関は離婚しても連帯債務者であることには変わりないと言います。
そこで任意売却の選択肢も浮上してきました。
不動産屋に連絡を取り、売却の査定に来てもらったとき任意売却の話が出ました。

夫婦共有名義かつ連帯債務の不動産の場合、離婚に際して妻の連帯債務を外すには夫単独名義で住宅ローンの組み換えが必要であることそれがほとんど不可能であるほど難しいことを聞かされました。

ついては任意売却という方法がある。任意売却を選択することは今後、夫が住宅ローン返済に行き詰ったとき妻である私に残債の債務が降りかからない唯一の方法だと説明されました。

幸い、私たち夫婦の場合は夫単独名義で住宅ローンの借り換えに成功し妻の連帯債務を外して離婚が成立しましたが、それが叶わない場合は後々のことを考えて任意売却は有効な手段だと思います。