引越し代がなくても任意売却できる

引越し代がなくても任意売却できる

いざ任意売却をしようにもまとまったお金がないので引っ越すことができない・・。だから任意売却はできないのでは・・?と悩まれる方も多いでしょう。実際そのようなケースが多いのですが、場合によっては任意売却をした際の売却金額からいくらか生活準備代として配分枠を設けてくれる金融機関(債権者)もありますので手元にお金がなくても引っ越すことができます。配分をもとに任意売却を行ったケースも存在します。ただ生活準備代や引越し代として配分される額については、あくまでも金融機関(債権者) によって変わってきますので、事前によく話し合うことが大切です。まとまったお金がないから任意売却はできないと諦めてしまう前に任意売却専門の不動産会社に相談してみましょう。

任意売却のメリットについて

任意売却をおこなう上でのメリットについて紹介しましょう。まず競売と違って任意売却の場合は子供や親戚などの身内に不動産を売却することが可能になります。ですから残った債務に対しても競売よりは柔軟な返済をすることができるでしょう。また任意売却は競売と違って買い手に事前に家の内部を見せることができますし、ローンも比較的組みやすいと言えます。また不法占拠される心配がありません。またなんといっても不動産競売をするために必要な保証金を用意する必要がありませんので任意売却は競売よりも低コストで高く売ることが可能というメリットがあります。また任意売却は仲介者が残った債務に対して債権者と返済に対しての交渉をおこなってくれるというメリットもあります。