新築物件のフリーレント

新築物件のフリーレント

フリーレントというのは、賃料を免除してくれるということです。不動産オーナーによってその設定の期間はさまざまですが、大抵、入居して最初の期間を免除してくれ、1ヶ月だったり、3ヶ月だったりの賃料免除の設定があったりします。入居者としては、入居して最初の時期には、賃料を払わずに住むことになりますので、ありがたいものです。

このようなフリーレントのある不動産を探すのに、新築不動産をねらうという方法があります。不動産オーナーが早く空室を埋めたい、というような思惑があるときに、フリーレントというのはよく用いられます。なので、新築不動産で、空室がたくさんあるときには、フリーレントというのも設定される可能性が高いといえるのです。

不動産の管理体制の違い

不動産を選ぶときには、特に仕事をするための不動産を選ぶときには、どういった運営、どういった管理をされているかというのも、きちんと確認したいものです。そういった意味で、その不動産を管理、整備しているのがどういった不動産管理の会社かというのが、とても大切になってきます。

こういった管理会社は、常駐の管理会社と、巡回の管理会社があります。常駐の管理であれば、いつもその不動産にいてくれます。なので、なにかあったときにはすぐに対応してもらえるので安心です。しかし、巡回の場合には、すぐにというわけには行きませんので、やってきてもらえるまで、しばらくまたなければならなかったりします。不動産契約をするときには、こういったところも確認できるといいと思います。